スポンサードリンク

中野紘志選手がボートでリオオリンピック出場!

naknao

中野紘志選手が、ボートで、リオオリンピックに出場しています。
そんな中野紘志選手について注目してみました!

 

中野紘志選手のプロフィールは?

なかのひろし
所属:新日鐵住金ボート部
出身:石川県金沢出身

中野紘志選手は、大学からボートを始めます。
2009年にチェコでのU23ボート選手権大会で見事銀メダルを獲得。
世界U23での日本人としてのメダル獲得は
初めてであったことから話題になりました。

そこから、リオオリンピックを目指し、NTT東日本を退社。
リオオリンピックに出場権を獲得しました!

 

中野紘志選手の中学校高校、大学は?NTT東日本を退社した?

nakano2

中野紘志選手は、石川県金沢二水高等学校を卒業したあとは、
一橋大学商学部卒業の超エリートですね。
一橋大学の商学部といったら、
誰もが入学したいと思う大学であり、学部ですよね。

大学からボートもはじめたということで、
学生時代は、勉強を一生懸命にやっていたと思います。
そんな優秀な中野紘志選手は、一橋大学を卒業後、
NTT東日本に就職をします。

NTT東日本といったら、本当にエリートですよね。
なかなか就職できなくて、みんな入社したい会社ですよね。
そんなNTT東日本に入社した中野紘志選手選手。
実は、ボートの練習に専念するために、退社をします。

高校の時には、テニスと陸上をやっていたようですね。

スポンサードリンク

 

 

中野紘志選手がボートをはじめたきっかけは?

nakano3

中野紘志選手は、なにかスポーツをしたいと大学時代に思っていたそうで、
大学からスタートして、結果が出るスポーツは何かと考えていたようですね。
その中で、候補に上がったのは、

  • アメフト
  • ラクロス
  • ボート

だそうです。この3つが、日本一を狙うことができるものだと考えていたようです。

中野紘志選手は、水泳、テニス、陸上、サッカー等をやってきた経験があります。
その経験から、持久力が自分にはあるということはわかっていたんですね。

アメフトは、途中で休むことがあるため、却下。
また、ラクロスは弾が早すぎて見えないということを懸念して
ボートを選択。

一橋大学時代に初めて行う競技ということもあり、
新鮮で、水の上ということもあり、楽しかったそうですね。

中野紘志選手は会社をやめた?

nakano4

中野紘志選手はNTT東日本を退社し、
日本選手代表として使うことができるボート置き場を使って
練習をしていたようです。

練習は、2時間弱程度、ずっと漕ぎ続けるそうです。
NTT東日本時代も代表合宿中はずっと練習をしていたようですね。
会社から配慮があったようです。

 

中野紘志選手は「つまんねぇ競技だなぁ」とおもっていた?

中野紘志選手が最初大会で、ボートレースをみたときには、

「すっげーつまんねぇ競技だな」

とおもったようですね笑

リオオリンピックを目指している選手にとっては、
とっても意外な言葉です!

中野紘志選手が言うには、
レースを見る楽しさより、
風景や、ボートを泳いでいる人を見る方が美しいといっていますね。
大自然の中で競技を行うのできれいなのでしょう。

 

まとめ

 

ボートでオリンピックを目指している中野選手。
今後の活躍が期待ですね!

 

 

スポンサードリンク